愛しい嘘で「望緒」が雨宮と一緒にベッドにいた時に、「なんだろうこの違和感?」と言う言葉を発していたがあの言葉の意味はなんなのか?考察してみた。
 

小学生でも分る!この記事を見てわかる事
  • 愛しい嘘の考察 望緒が雨宮に対して抱いた違和感とは何なのか?
  • 愛しい嘘の考察 望緒が言った「なんだろうこの違和感」の言葉の真相は?

     

     
     
     

    Sponsored Links

     

    愛しい嘘の考察 望緒が雨宮に対して抱いた違和感とは何なのか?

    いまのところ「ドラマ」の中では明らかにになっていないが、「雨宮」と一緒にいて嬉しいはずの「望緒」が「雨宮」に対して違和感を感じてシーンから考えてみた。
     

    違和感を感じたシーンは「望緒」が「雨宮」を眺めていた時!

    「望緒」が「雨宮」に違和感を抱いたシーンをもう一度振り返ってみると、「望緒」が「雨宮」をじっと眺めていたのにヒントがありそうな気がする。そう、「望緒」が「雨宮」に対しては、中学生時代から好意を抱いており、いつも眺めていたはずである。
    だからこそ、中学時代の「雨宮」と「大人」になった今の「雨宮」とは「雰囲気」が違うように感じたのではないだろうか?
     

    Sponsored Links

     

    愛しい嘘の考察 望緒が言った「なんだろうこの違和感」の言葉の真相は?

    「雨宮」と「望緒」はそれとなく会っていたはずだし、一緒にいて違和感を感じていたならばその前にも気づいていたはず。
     
    「声」等の違いも考えられるが「何だろうこの違和感」と言う言葉を発して「違和感」を感じたのは「望緒」が「雨宮」の顔をじっと眺めていた時なので「望緒」が感じていた違和感とは「雨宮」の「顔」であると考えられる
     

    「望緒」が抱いていた「雨宮」への違和感とは「雨宮の顔」と予想!

    中学時代から「雨宮」が大好きな「望緒」は四六時中「雨宮」の顔を見ていたはずである。また、「漫画家」を目指してきた「望緒」は「雨宮の顔」を眺めては「スケッチ」をしてきた。そのため「望緒」の頭には自然と「雨宮の顔」はインプットされていると思うのが妥当である。
     
    そのため、「望緒」が「雨宮」をじっと眺めていた時に「今までスケッチしてきた雨宮の顔」と「今の雨宮の顔」の違いを直感的に感じたのではのではないかと思う。大人になって「雨宮」と実際に付き合い出した「望緒」はどちらかというと「恥ずかしさ」のあまり、あまり近くで「雨宮」の顔をじっくりと見る事が出来なかったように思える。
     
    そのため、今までは「雨宮」の顔をじっくりと眺めていた事はなかったために「違和感」に気づく事が出来なかったのではないだろうか?。そのため、初めて「雨宮の顔」をじっくりと見た時に「雨宮の顔への違和感」を感じたと言うのが「なんだろうこの違和感」と言う言葉の真相なのではないだろうか?
     
    身近にいる「自分の同級生」とかを見ても「中学時代」と「大人」になってから比べてみると「男性」は「頭」や「体型」が変わる事はあっても「顔」に関しては「女性」から比べるとあまり変わるものではないように感じる。
     

    違和感の部位は鼻や耳と予想!

     
    よく聞く「替え玉」説とか「影武者」説とかで、「替え玉」や「影無視者」を見分けるのには「比較する対象」の「鼻」や「耳」を観察すると分かると言うような記事を見た気がする。
     
    あれだけ、「雨宮」を日頃からスケッチしていた「望緒」にとって「鼻」や「耳」の形位は脳にインプットされているのではないだろうか?
     
     

    Sponsored Links
    Sponsored Links