2022年度2月12日放送の北京五輪のカーリング女子2試合目の対戦相手のロシアの選手に眼鏡をかけた美女を発見!。「ロシアのメガネ先輩」とも言えるあの美女選手が誰なのかを調べてみると「ガリーナアルセンキナ」選手であることが判明!

小学生でも分る!この記事に書かれてる事
    • カーリング女子 ロシアのメガナ先輩ガリーナアルセンキナとはどんな人?
    • 【画像】カーリング女子 ロシアのガリーナアルセンキナの眼鏡なしの可愛い素顔一覧

 

 

 

 
 
 

Sponsored Links

 

カーリング女子 ロシアのメガネ先輩「ガリーナ・アルセンキナ」選手とはどんな人?

ガリーナ・アルセンキナ
  • 名前:GalinaPetrovnaArsenkina(ガリーナ・アルセンキナ)
  • 生年月日:1991年6月6日

1991年6月6日だとすると、2022年2月12日時点での年齢は「30歳」。カーリング女子は「40代」や時には「50代」の選手もいるため、まだまだ「ガリーナ・アルセンキナ」選手は若い方の部類。

カーリングを始めたきっかけ

調べてみると最初から「カーリング」を始めていたわけではなく、「ロシア」と言えばお馴染みの「フィギュア」の選手でしたが、12歳になった時に足にケガを負ったために、なくなく「フイギュア」を辞めて「カーリング」を始めているよう。もし、「今、カーリング」をしていなかったら「フィギュア」で出ていたかも。
 
仮に「フィギュア」で出場していたならば、これだけの美女なので「世界で注目」されていた事は間違いないと思う。今となっては「カーリング女子」の「ロシア代表」としても抜群の実力と美貌をお持ちなので、「フィギュア」を諦めても「彼女自身」は多分、満足している事と思う。
 
学歴は「2013年」に「the Moscow Institute of Electronic Technology」(略称:MIET)を卒業。日本では「モスクワ国立電子技術学院」と呼ばれてる。
 
実はこの方、調べてみると、前回の「平昌五輪」の時にも出場されていました。「ロシア」の女子選手はほぼ美女が多いのであまり印象には残ってなく、カーリング女子選手で「眼鏡」を書けているというイメージでいくと「韓国」の「眼鏡先輩」と言われている「金恩貞(キム・ウンジョン)」選手の方がインパクトがあってどちらかというと印象に残ってる。
 
平昌五輪の時に確かにいた!(右上の人眼鏡かけている!)

 

Sponsored Links

ロシアのメガナ先輩VS韓国の眼鏡先輩(画像比較)

ロシアの「メガネ先輩」の画像

韓国の「眼鏡先輩」の画像


 

【画像】ロシアのガリーナアルセンキナ選手の眼鏡なしの可愛い素顔一覧

【画像】眼鏡なしのかわいい素顔その1
 
【画像】眼鏡なしのかわいい素顔その2
 
【画像】眼鏡なしのかわいい素顔その3
 
【画像】眼鏡なしのかわいい素顔その4
 
 

Sponsored Links
Sponsored Links