Sponsored Links

モデルとなった神山清子さんは、夫と離婚しおります。
また、スカーレットの喜美子とはちさん(八郎)も同じように離婚しました。
 
ただ、一部の声では「八さんと喜美子は(復縁)再婚するのでは?という声も出ています。
 
そのため
「喜美子とはちさんは再婚す(復縁)するのか?」「寄りを戻すきっかけやタイミングは?」等、今後の展開を予想してみました。
 
Sponsored Links



 

スカーレット はちさんと喜美子の離婚までの経緯

 
当初は、モデルとなった神山清子さんは「弟子と蒸発した」と言われているために、「同じようになるのでは?」といった予測もありました。
 
そのため、喜美子とはちさんがいる「かわはら工房」に、「弟子入りした三津と蒸発して離婚するのでは?」という憶測が呼びましたが、
 
ドラマでも、実際に「三津」が「ハチさん」にキスをしようとしたり、同じ机で寝ている姿を「喜美子」に目撃されたりして、「神山清子」さんの話のようになるのかと思いましが、「喜美子」と「八さん」への愛情を崩す事は出来ず、「三津」が自ら工房を去っていきました。そのため、この時は離婚を避けられました。
 
 
実際に、喜美子が離婚するきっかけとなったのは、「喜美子の穴窯作りへの強い情熱」によって、「自分は陶芸家になる」という夢だけが大きくなり、毎回「今度は成功する」と言いながらも、結局、失敗が続き、武志のために貯金していたお金まで手を付けるようになったからでした。
 
「武志(家族)の事」よりも「陶芸の方が大事」という喜美子の姿についていけなくなりしばらくは別居生活となりました。
 
のちに、喜美子は陶芸家として成功しました。一方、ハチさんはあまり名前が売れてませんが、「喜美子の個展」に来ていたことを「喜美子」が気付きます。これをきっかけに喜美子は離婚届けを出し、「はちさん」と「喜美子」は正式な離婚に至りました。
 

スカーレット はちさんと喜美子は復縁(再婚)する?

 
あくまでも予想でしかないですが、何となく「また寄りを戻して再婚するのではないか?」という感じがします。
 
気になっている言葉があります。
 
それは、武志が言った言葉です。

「母ちゃんは陶芸家として成功したけど、その代わりに大事なものを失った」


 
喜美子はこの言葉が心に残っており、自分もその大事なもの大切さに気付いたのではないかと思います。それが後々、再婚につながるのではと予想しています。
 

Sponsored Links



 

はちさんと喜美子が寄りを戻すきっかけやタイミングは?

 
「はちさん」と「喜美子」は離婚されていますが、「離婚後」も「武志」とは信作を通して連絡を取り合っていたみたいです。
 
親子の縁は切れずにいるために、「最終的には武志がキーパーソン」となって寄りを戻すのではないかなと思っています。
 
寄りを戻すきっかけやタイミングについて予想もあわせてまとめてみました。
 

二人が寄りを戻して再婚するきっかけやタイミングその1:マツ(喜美子の母)が亡くなった時

 
マツ(喜美子の母)が亡くなった際に、「はちさん」が「喜美子」を訪れてきました。
 
武志がはちさんを頼らなかったこと、武志が立派に育った事等、武志の事を通して話していくうちに、「何か困った事があればいつでも連絡ください」と「はちさん」の方から「喜美子」に声をかけられました。
 
これは、ある意味「はちさん」から「喜美子」へ何気に寄りを戻さない?という意思表示の現れだと思い、最初は、この段階で寄りを戻すのでは?と予想していました。
 
しかしながら「喜美子」の方が「はちさん」を頼る事を諦め断り、もう、本当に会うことはないと思いました。この時の「喜美子」にするといつまでも「はちさん」に頼っていては駄目で、自分が「武志」を育てるという思いと「はちさん」も「自分の事は忘れて幸せになって欲しい」という思いがあったのかもしれません。
 
ただ、この時、「ハチさん」が「くしゃみ」をする喜美子の真似をして笑わせて別れたところを見ると、「はちさん」は「喜美子」に対する愛情の気持ちがあったのではと思われます。
 

二人が寄りを戻して再婚するきっかけやタイミングその2:武志が病気になった時

 
ここで新たな展開がありました。
 
新たな人物である「アンリ」さんと出会い、「アンリ」さんと「ワイン」を二人で飲んだ時に、「喜美子は二日酔いで記憶がないのですが、「喜美子」が「酔っぱらった」際に、何気に「はちさん」と叫んでいた事を「アンリ」さんから告げられています。
 
この事から、やはり、心のどこかには今もなお「八さん」への強い気持ちがある事が分かります。
 
また、「信作」と「はちさん」が二人で会っているシーンもあります。
 
ここからは予想でしかないですが、
 
「武志」が病気になる事で家族への絆が深まり、「はちさん」と「喜美子」は「寄りを戻して再婚(復縁)するのではないかな?」と思われます。
 
スカーレットは「武志」の「父親や母親」に対する「家族愛」と「喜美子とはちさん」の「夫婦愛」を最後は上手く結びつける感じがします。
 
「武志」が通う窯業研究所の(掛井)先生の父親は、暴力を振るような父親で、「武志」に「どんな父親でも親は親、子は子」という言葉を武志に言いました。
 
でも「武志」には「母親が失ったものは大きい」という言葉があります。
 
「武志」にとっての父親は「掛井先生」とは全く正反対で、喧嘩して別れたわけでもないですし、どちらかというと「温厚」で「優しい父親」
 
「武志」は「両親が大好き」で、なんとなく両親にはやっぱり「寄りを戻して欲しい」という強い思いがあるのでは?
 
また、一度、「喜美子」から「はちさん」を断ったが、やっぱり、「はちさん」と喧嘩して別れたわけではなく、一人になった寂しさによって「はちさん」という「夫」の大きな存在に気付かされ「はちさん」ともう一度会いたい、出来たら再婚したいという気持ちが芽生えたのでは?
 
「八さん」と「喜美子」が「出会うきっかけ」が「信作」を通して偶然というのもストーリー上、なんとなく無理がありそうです。
 
ただ、今後「武志が病気になる」という展開は公開されています。そうだとすれば、「武志の大きな病気」が「きっかけ」であれば、いくら離婚したとしても「我が子」のために「会う」のが親というのは自然な流れになりそうです。
 
病気になった「武志」を救うためにも「二人」がまた「寄りを戻して再婚」して、一緒になって「武志のために」協力しあうのではないかと思われます。
 
あくまでも予想なので展開が分かりませんが、出来たらよりを戻して復縁して欲しいなと思います。悲しい結末より、ハッピーエンドがいいですよね。
 
今後の展開は詳細が分かり次第追記します。
 
こちらもどうぞ!
事務員のまなちゃん(武志の彼女)役の女優や実在モデルは誰?
三津の再登場はある?きっかけや理由・シーン(場面)・時期はいつ頃?
武志の主治医(大崎茂義)役の実在モデルは誰?稲垣吾郎ちゃんの演技にも注目!
稲垣吾郎ちゃん出演の放送日は3月のいつ頃?
 
最後まで読んで頂きありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links



 
 
関連記事