おちょやんでごりょんさんと延四郎さんの噂をかめさん含めて話し合っていた時に、何度も
さっちゃん(里子)が「ふぎみっつって何?」って聞いてましたよね。
 
見ていた私も意味不明だったので調べてみました。
 

▼▼▼ 今年最後の大感謝祭実施中!今がお買い得! ▼▼▼

 
 
 
こちらもチェック!

 

おちょやん 「ふぎみっつ」とは何を意味してるの?

 
最初聞いたときは、「むぎみっつ?」「くぎみっつ?」「何がみっつ?」何だかよくわかりませんでしたが、よくよく聞いてると「ふぎみっつ」だと分かりました。
 
ネット上でもさっちゃんが言ってた「ふぎみっつ」について、「意味が不明」だと疑問の声が相次いでいます
 
くぎみっつという人も


 
「ふぎみっつ」に疑問視する声が多数


 


 


 

▼▼▼ 2020年度のクリスマス特集 ▼▼▼

さっちゃん(里子)が言ってた「ふぎみっつ」は「不義密通」であることが判明!

 
更に詳しくネットを調べてみると


 
かめさんが詳細を話していたようですが、ナレーション等での説明がなかったためにかめさんの話と「さっちゃん(里子ちゃん)」が言ってた「ふぎみっつ」である事に気づく人が少なかったのではないでしょうか?
 
聞きなれない言葉なので視聴者も分からなかったのだと思います。
 
では「不義密通」の意味とは?
 

不義密通とは現在の不倫や浮気を指す!江戸時代は命がけの恋

 

「不義」とは「義」を「否定」するという意味。
義:人間の行動・思想・道徳で、「よい」「ただしい」とされる概念である

 
つまり「人としてあるべき道からはずれていること」
「非道」とか「非常識」等とよく使いますがそれと似たような意味なのかなと思われます。
 
特に「不義」は男女間で道徳に反する事を指します。
 
一方、密通は「密か事(みそかごと)」とも言われ、「男女が密か(ひそか)に情を通じ合うこと」の意味です。
 
つまり、「不義密通」とは簡単に言うと現在の不倫の事を指します。江戸時代から使われていた言葉のようであり、もちろん当時の「不倫」は「当事者」は自らの命をかける覚悟をかけなければならないほどの「重罪扱い」となっていました。
 
また、婚姻した者だけでなく、独身の男女にもあてはまります。
 
また「不倫された夫」だけではなく「父親」までもが発見した場合に、自分の娘を含めた「不倫の当事者たち」をどういう扱いをしてもいいという今では考えられないとても恐ろしい取り決めがありました。
 
まさに江戸時代の不倫は命がけであったようです。「延四郎」さんと「ごりょん」さんの恋の行方もどうなるのか今後の展開がきになりますね。
 
最後まで読んで頂きありがとうございます。
 
 
おちょやん 関連