Sponsored Links

87歳の前衛美術家
として知られている
 
篠原有司男さんが
5月15日の
「クレイジージャーニー」
に出演されます。
 
そこで「篠原有司男さん」について
色々と調べてみました。

 
Sponsored Links



 

前衛美術家とは?


 
 
まずは、聞きなれない言葉
「前衛美術家」
調べてみました
 

「前衛」とは
もともと軍隊用語であった「前衛」という言葉には、
何かに対する攻撃というニュアンスがある。


引用元:wikipedia
 
更に調べてみると
「アヴァンギャルド」
と言われているようです。
 

「既成の芸術観念や形式を否定する先端的な芸術」
「時代の先端に立つ革新的な芸術傾向の総称」


出典:https://bit.ly/2VCJUC5
 
一昔、
「アヴァンギャルド」という言葉が
流行りましたね。
 
wikipediaによれば

「前衛的な美術のこと」
第一次世界大戦開始後にヨーロッパにおいて、
盛んに使用されるようになった言葉であり、
主として、シュルレアリスムと抽象絵画を意味する。
現在では、一般にフォーヴィスム、キュビスム、未来派なども含めて、
前衛美術と呼ばれることが多い。


とされていますが
 
アヴァンギャルドから考えると
「型にはまっていない芸術家」
という感じですかね?
 

Sponsored Links



 

篠原有司男さんのプロフィール


 
 
生年月日:昭和7年生まれ
本名:篠原牛男(しのはらうしお)
出身地:東京麹町(現在の千代田区)
愛称:「ギューチャン」

 
学歴
小学校:番町小学校
中学校:麻布中学校
高等学校:日本大学第二工業高校

 
父親は詩人で母親が日本画家をされています。
弟さんもいて「武蔵野美術学校(現現在の武蔵野美術大学)のデザイン学科」
に入られています。
 
兄弟そろって絵の才能があったのは
母親の遺伝を引き継いだんですかね?
 
「キューちゃん」
といったら
この人思い浮かべますがw


 

絵を描き始めたきっかけ


 

いや、描くんじゃないんだよ。虫その頃は小学校だからさ。
絵を描くようになったのは麻布に入って、生物班っていうのがあんだよね。色んな運動部があったんだけど、生物班に入ったら、生物班って色々やるでしょ、蛙の解剖とか。それを写生してたのよ。


引用元:http://www.oralarthistory.org/archives/shinohara_ushio/interview_01.php
 
小学校の頃は虫を捕まえるのが好きで
ごく普通な子供だったみたいで
それほど絵に興味があって
描いていたわけではないですが
 
中学校に入ると
本格的に絵を描き始めるようになった
みたいですね。

 
中学校の時に、油絵を買う事が出来ず
「水彩」や「デッサン」
を描いていたみたいです。
 
母親が
「篠原有司男」さんの
絵が上手な事に気づいたために
 
「画家」の「萩太郎」さんに
教えてもらうようになり
やがて
「東京芸術大学美術学部油絵科」に入学されます。
 
「東京芸術大学」では
「石膏像デッサン」の受験があったために
「萩太郎」さんに教えてもらったそうです。
 
現在も
「石膏像デッサン」か「構成デッサン」等を
選ぶ試験になっているみたいです。
 
その後、
渡米をして現在の奥さんと知り合ってます。

 

Sponsored Links



 
「篠原有司男」さん
実は「日本で始めてモヒカン刈り」
で週刊誌のグラビアに紹介された人みたいです。
 

出展元:zaziefilms(youtube)
 
上記の作品は
「サンダンス映画祭ドキュメンタリー部門監督賞を受賞」を受賞されています。
 
⇒ U-NEXTなら無料視聴が可能ですよ♪

 
「篠原有司男」さんは
「岡本太郎」さんにも絶賛されていたとか・・・
 

篠原有司男さんの作品の価格や販売先は?


 
「篠原有司男さんの代名詞」
とも言われているのが
「ボクシング・ペインティング」
※ボクシンググローブに
絵の具をつけてキャンバスを殴りながら絵を描く
 

出展元:macoto saito(youtube)
 
作品の価格は
「なんと・・・」
⇒ 詳しくはこちら
 
かなり驚愕のお値段でした。
 
また
ダンボールを使ったオートバイの彫刻
「モーターサイクル・ブルックリン」
等も有名です。
 
こちらについては
残念ながら
情報を見つけることが出来ませんでした。
 
最後まで読んで頂きありがとうございます。

Sponsored Links