またも、意味不明な言葉がトレンド入りしてる「ヌーハラ」。もう、ほとんどクエスチョンマークだらけ???
 
この「ヌーハラ」について今回は調べてみました。
 

Sponsored Links



 

ヌーハラとは何?

 
「ヌーハラ」とは「ヌードルハラスメント」の事を言います。どうも、日本人特有の「麺をすする音」が猫舌や外国人に不快感を与えるという事。
 
あの「そば」や「ラーメン」の麺をすすったり、「味噌汁」を飲む時等に出る「ずるずるー」っていう音の事です。
 
たしかにあの音を立てて食べるのは「日本人だけ」かもしれません。
 
何でもかんでも「ハラスメント」になってしまう世の中になってしまいましたね。
 
「ハラスメント」って最初は「パワハラ」とか「セクハラ」とかしかありませんでしたが、「モラハラ」や「カスハラ」なるワードまであります。「カスハラ」はもってのほかだと思いますが、最近は「ハラスメント」に関する言葉がいっぱい出てきて、何だか生きづらい世の中になってきたなと思います。
 
あまりに「セクハラ」とか言われれてしまうために、人としてのコミュニケーションを取りづらくなってきているのかなと感じてます。
 
昔なら、元気ない相手に「元気出して」とか言って軽く肩を叩いたりしても何も問題なかったけど、今なら、相手が気に食わない人だったとしたら、一つ間違えると「セクハラ扱い」にされてしまいそうですよね。
 
この発想はとても笑いました。


 


 

Sponsored Links



 

日清が過去に販売していた対策グッズは音彦!

 
実は日清さんも「ヌーハラ」という言葉を捉えており、過去に「音彦(おとひこ)」と言う麺をすする音をごまかしてくれる機能を持った「フォーク」を販売していたんです。
 
こちらがその音彦!

 
外国人が嫌なあのすする音を検知するとスマホから「カモフラージュ音」が出る仕組みとなってます。
 
こういう類のグッズって実はこれしか見つからないって事は、他のメーカーは作らなかったんですかね?日清のカップヌードルを食べる事に対してのこだわりが出てるのかもしれません。
 
トイレの音を消してくれる「乙姫」と似た感じなんですかね?
 
ただ、この製品は「期間限定」で販売されたもので、現在は販売されていません。
 
日清の公式サイトを見ると「2017年10月23日」より販売を開始し、その後「2017年12月15日(金)」までの間に5000個販売された時点で販売終了となったみたいです。
 
実際に何個売れたのかは気になりますが、もしかすると、今後、今回のトレンド入りをきっかけに再販するかもしれませんね。
 
最後まで読んで頂きありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links