Sponsored Links

歌詞タイムが突然閉鎖(サービス終了)したというニュースが飛び込んできて話題になっています。
 
なぜ、突然閉鎖したのか?がとても気になりますね。
 
そこで、この記事では
「歌詞タイムが突然閉鎖(サービス終了)した理由は?」
「歌詞タイムのサイト運営者(管理人)は誰?」

等について調べてみました。
 
Sponsored Links



 

歌詞タイムとは?


 
歌詞タイムとはドラマ、アニメソング、ゲームソング等の歌詞が検索出来るサイトで、歌詞を断片的に微妙に覚えていただけでも、簡単に曲名が分かったとか、空いた時間に歌詞を見ながら一緒に歌っていたとか、利用している人はかなり多かったみたいです。
 
もちろん、一般の歌手の人の歌詞も検索する事が可能でしたが、特に「アニソン」や「ゲームソング」は網羅されており人気がありました。
 
 
特に、「嵐」、「ラブライブ」、「ワルキューレ」、「水樹奈々」、「うたプリ」等の曲の歌詞を検索する際に利用されている方が多かったようなので、サイト閉鎖でかなりの人が戸惑いや残念さを感じざるを得ない状況になっていると思われます。
 
「歌詞タイム」は歌手・作詞者・作曲者・編集者等をベースとして検索出来る機能もあるために、タイアップ作品まで見れるサイトで他の歌詞だけが検索できるサイトとは違い、かなり優秀なサイトだったと言われています。
 
歌詞タイム閉鎖(終了)に関して、、ネット上の声は・・・


 


 
ただ、他の歌詞検索サイトと同様に、サイトに表示されている歌詞がテキストにコピーすることが出来ないのが不便という声がありました。
 

Sponsored Links



 

歌詞タイムが突然閉鎖(サービス終了)した理由は?


 
歌詞タイム突然閉鎖については次のようなことが分かっています。
 

ただ、近年は更新が停滞。17年7月にはトップページに「重要なお知らせ 諸事情により新曲の更新を停止します」との告知が載った。15年2月には「少し思うところがあるので発売日直後の曲はほとんど掲載しないようにします。(タイミングがいいと掲載される場合もあります) なお、1ヶ月から3ヶ月たったら掲載すると思います。新曲を楽しみにしていた利用者の方にはごめんなさい」と知らせていた。
 
ウェブ上に残る15年4月時点のアーカイブ情報によると、歌詞タイムは日本音楽著作権協会(JASRAC)、イーライセンス、ジャパン・ライツ・クリアランス(JRC)の著作権管理3団体(イーライセンスとJRCは16年に合併し、現在はNexTone)から利用許諾を得ており、それぞれの許諾番号を明記している。
 
閉鎖の正確な時刻は不明だが、20年3月23日の昼頃とみられる。


出典:ヤフーニュース(J-CASTニュース)
 
実際に閉鎖した理由については述べられていません。
 
あくまでも推測にすぎませんが、歌詞タイムが突然閉鎖した理由は、当初、歌詞に関しては無断でサイト上に勝手に掲載することは許可されていないために、著作権によるものかと思われましたが、先ほどの記事を見ると、著作権による問題は発生していないように思われます。
 
となると、サイトの記事が外注で書かれているのかどうかは不明ですが、もし、仮に外注が記事を書いていたとすれば何らかの事情で外注が記事を書けなくなったか?もしくは、外注費用を回す資金がショートしたか?等の理由により、サイトの維持が難しくなった可能性も考えられますし
 
仮に、管理人一人でサイトを運営していたとなれば、サイト運営者(管理人)自身やご家族等がご病気等を患ってしまい、サイトの更新やサイトの維持が難しくなった等についての理由も考えられます。
 
以前、更新停止する前には事前説明があったので、今回は突然の閉鎖だったので、かなり急ぐだけの理由があったのだと思われます。
 

Sponsored Links



 

歌詞タイムのサイト運営者(管理人)は誰?


 
サイト運営者(管理人)の情報は分かりませんでしたが、ネット上では「お疲れ様でした」「ありがとうございました」「お世話になりました」というねぎらいの声と感謝の声が上がっています。
 
ここまで感謝されながら惜しまれるサイトだったので突然の閉鎖はもったいない気もしますが、サイト運営者(管理人)の事情もあるのでしょうがないと思われます。
 
ただ、もしまた復活する機会があれば、復活の声を待ち望んでいる方も多いと思われますので管理人(サイト運営者)には同様のサイトを立ち上げて欲しいなと思われます。
 
最後まで読んで頂きありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links