Sponsored Links

朝ドラ スカーレットの
ヒロインである主人公
「川原喜美子さん(きみちゃん)」役の
モデルとなった女性陶芸家は実在するのだろうか?

 
また、「川原喜美子さん(きみちゃん)」役を演じている
女優さんはいったい誰なのだろうか?

とても気になったので調べてみました。
 
Sponsored Links



 
 
 

 
 

朝ドラ「スカーレット」 きみちゃん(きみこ)役のモデル人物像は誰?


 
「なつぞら」の奥原なつのモデルは
実在する「奥山玲子」さんではないかと言われていますが
 
「スカーレット」の「川原喜美子」のモデルも
実在する人物がいるのでしょうか?
 
調べてみると
次のような記事を発見しました。
 

NHK大阪広報に問い合わせると、「『スカーレット』は、オリジナルストーリーです」と回答があった。
 
ただし、制作にあたっては、陶芸家の神山清子さんを取材したといい、「これまでにご経験されたことや、陶芸家としての在り方などから、影響を受けています」という。
 
その上で、「ドラマでは、登場人物の設定を含め、全く異なる展開を多く盛り込む予定です。神山さんご自身の半生を、ドラマ化して物語るものではありません」と説明している。


出典元:ヤフーニュース(ハフポスト日本版)
 
また、wikipediaによると次のようにも書かれています。

ヒロインに実在するモデルは存在しないが、信楽焼の女性陶芸家の草分けで実在する陶芸家である神山清子の半生を参考に制作される。劇中で描かれる家族関係や人生で起きる出来事はすべてオリジナルとなる


 
上記の記事を簡単にまとめると
 
スカーレット自体は
オリジナルの作品
であり、
 
川原喜美子(きみちゃん)は
女性陶芸家「神山清子」さんに
影響を受けている役となる。
 
では、
「神山清子」さんは
いったいどんな人なのでしょうか?

 

Sponsored Links



 

「神山清子」さんのプロフィール


 
名前:こうやまきよこ
生年月日:1936年8月2日
出身地:長崎県佐世保市生まれ

 
読み方は
「かみやまきよこ」さん
もしくは
「かみやませいこ」さん
かと思いましたが
 
苗字の読み方は
「かみやま」ではなく「こうやま」
なんですね。
 
旧姓は「金場清子」と言う情報が
多くのトレンドブログ等で出ているようですが
 
wikipediaや
週刊誌や新聞等のメディアによる
ソースがないので
 
正直、これらのソースがどこかあら
出てきているのか分かりません。
現在調査中です。
 
尚、週刊誌等の情報によると
父親は佐世保の炭鉱で働いており、
母親はいいとこのお嬢様で
妹一人、弟一人の5人家族。

 
であったために
一家の切り盛りは母親が行うのではなく
しっかり物である「長女」の
清子さんがどうも行っていたように思われます。
 

Sponsored Links



 

陶芸に興味を持ち始めたきっかけ

 
いつから陶芸に興味を持ち始めたんでしょうか?
 
やっぱり、小さい頃から陶芸に興味をもっていたんでしょうか?
きっかけはなんだったんでしょう?
 
陶芸というと
壷とかに興味を持つのが普通ですが
神山清子さんの場合は
まず、陶器に絵を描く事に興味を持たれています。
 
「では、陶器に絵を描くきかっけとは?」
 
神山さん
実は幼少期から絵を描く事に大変興味を持っておられ、
小学生になるとクラスでも評判になるほどの
絵の技術はかなり高い物を持っていました。
 
小学校5年生(当時11歳)で信楽に来られます。
 
中学生になると美術の先生にまで褒められて
教えてもらえるようになります。
 
また、芸術だけの才能だけではなく
頭もかなり良かったために
 
「美大」にいく事まで進められますが
残念ながら、父親の反対により
美大へ行く夢はかねえる事が出来ませんでした。

 

和洋裁学校を卒業後、絵付け師になる


 
中学を卒業してからは
父の言いなりで
和洋裁学校を卒業されますが
どうしても、絵を描く仕事が諦め切れず
 
この街ならではの
陶器に絵を描く
「絵付け」の仕事に興味を持ち始め
なんと絵付け師の弟子入りされる事を決め、
陶器会社で働かれます。

 
ただ、もちろん
当時は女性が絵付けをするのは珍しいので
かなり周囲からの嫌がらせやいじめもあったようですが
幼い頃から苦労をしてきて培ってきた
持ち前の強い反骨精神でそれらを跳ね除けられます。
 
職人の世界って厳しいイメージなので
男の人でも相当根性ないとやっていけないと思うので
本当にかなりの苦労があったと思われます。
 
ただ、他の男性には負けてられないという
強い気持ちがあったために、
ほぼ一日中絵付けを行っていたとも言われています。
 

Sponsored Links



 

21歳で結婚


 
しかし、ここで転機が訪れます。
その時、一緒に陶器会社に働いていた男性に恋をし、
21歳で結婚されます。
 
そして、二人の子供(女一人、男一人)を授かります。
 
国内の生活形態が変わったために、
主流の火鉢の売り上げが伸びないために、
神山清子さんは27歳になると陶芸会社を辞められます。
 

子供たちの光景がきっかけで再び陶芸の道へ目覚める

 
陶芸会社を辞めてしまったなら
そこで陶芸への道が途絶えそうですが
 
ある日何気なく
子供たちが泥で団子を作って
遊んでいる光景が目に入り
再び、陶芸に関心が持つようになります。

 
そして
何をひらめいたのか
土団子を利用して陶器の大皿を作られます。
 
これが神山清子さんが
初めて作った陶芸作品となります。
 
この出来事をきっかけに
次々と陶芸作品を作られます。
 
次第に、周囲から公募展への出展も
薦められるようになり、応募してみると
その腕は確かなもので次々に入選されます。
 
当時、女性の陶芸家は珍しいために
噂を聞きつけては、見に来る人も多かったみたいです。
 

人に真似出来ない作品への挑戦


 
女性陶芸家としてかなり有名になりますが
ここで終わらないのが「神山清子」さんの真骨頂
 
信楽焼の魅力に夢中になってしまい、
当時は女性が窯を持つのは
ほぼ言語道断
と言われていた時代ですが
 
なんと、34歳の時に自宅の庭に穴窯(寸越窯)を作って
女性ではまず不可能とされていた
釉薬を使わずに古の信楽焼きを
再現する事に成功してしまいます。

 
自然釉薬を使った陶芸の第一人者となられ
後に女性陶芸家を目指す人たちへの
希望と勇気を与えられる事になります。
 

Sponsored Links



 

離婚後、全国の骨髄バンク普及へ力を散れる


 
夫が別の女性と出て行ってしまい離婚をされます。
 
また、長男が29歳の頃に
慢性骨髄性白血病で倒れられます。
 
実は、この長男も陶芸家を目指されていたために
親子で展示会を開く等もされてます。
 
仕事も大事ですが
やはり、我が子のためにドナー探しに必死でした。
 
当時はまだ公的な骨髄バンク等もなかったために
ドナーはそう簡単に見つからず
 
最終的には妹さんのおかげで
移植手術が行われてます。
 
手術は無事成功し、
一時は回復に向かわれますが、
 
再び再発してしまい
残念ながら息子さんが31歳の時に
この世を去られています。
 
このときの様子を映画化したものが
映画「火火」


で、
 
原作は「母さん 子守歌うたって―寸越窯・いのちの記録」です。


 
この息子さんの白血病がきっかけで
骨髄バンクの必要性を世に問いかけ
全国で骨髄バンクの登録普及運動を行い、
日本初の公的骨髄バンク「骨髄移植推進財団」が設立。

 
そして、今は女性陶芸の草分け存在でありながら
「滋賀骨髄献血の和を広げる会」の代表
を勤められています。
 
スカーレットの「川原喜美子(きみちゃん)」は
どこまで
「神山清子」さんを再現されているのか見ものですね。
 

Sponsored Links



 

朝ドラ「スカーレット」 きみちゃん(きみこ)役の女優は誰?

 
調べてみると、スカーレットの
きみちゃん(きみこ)役の女優は「戸田恵梨香」さん
と判明しました。
 

戸田恵梨香さんのプロフィール


 
本名:戸田惠梨香(とだえりか)
生年月日:1988年8月17日
年齢:31歳
出身:兵庫県神戸市

 
戸田恵梨香さんは
もう小学校に入ったときから
関西の事務所にて芸能活動をされています。
 
しかし、やはりあれだけかわいいと
他の事務所が黙っているわけはありません。
 
中学生になると現在の事務所である
「フラーム」にスカウトされます。

 

Sponsored Links



 

戸田恵梨香さんの演技力

 
ネット上の声では
かなり演技が上手いと評判です。


 


 


 


 


 


 
スカーレットでは
戸田恵梨香さんの陶芸シーン等の
演技にも注目です。
 

戸田恵梨香さんの主な出演作品

 
戸田恵梨香さんといえば
映画『デスノート』で映画の初出演を果たし
 
ムロツヨシさんとの共演により
ドラマ「大恋愛」でかなり注目を浴び
衣装がカワイイと話題になりましたよね。
 
今回のスカーレットでも
間違いなく衣装とか注目される予感がします。
 
最後まで読んで頂きありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links



 
 
スカーレット関連記事
喜美子

 
直子

 
百合子

 
照子



 
信作


 
よし子

 
スカーレット その他関連記事